結婚相談所の種類

結婚情報サービスnavi

結婚相談所の種類はサービスの仕組みによて大きく3つに分類することができます。

結婚情報サービスTOP > 種類

結婚相談所の種類

現在、結婚相談所は大手企業から個人経営まですべて含めると、全国に約5000社存在するといわれています。

そのため、規模やサービス内容などは多岐に渡りますが、サービスの仕組みによって大きく3つに分類することができます。

1.結婚情報サービス型

資本力がある大規模な結婚相談所のほとんどが結婚情報サービス型です。

支店が全国にあり、メディアなどを使った宣伝方法も頻繁に行っているので、知名度が高く、会員数も平均2~5万人となっています。

サービス内容としては、相談員が直接結婚相手を紹介するのではなく、希望条件をあらかじめ提示してもらい、その条件に合った人の情報を提供するシステムを採用しています。

その中から気に入った相手が見つかれば、相手に交際を申し込み、OKがもらえた時点でメールアドレスの交換やデートなど、次のステップに進んでいきます。

メリット

規模が大きく、会員数も多いので、自分の希望通りの相手を見つけやすいのがメリットです。

結婚情報サービス型では、スタッフは積極的に会員同士の交際のセッティングに関与せず、あくまでそのお手伝い役という立場に留まっています。そのため、実際に会い、デートまで進むにはそれ相応の時間がかかりますが、一方で、自分を主体として事を運べるので、気負いがないというメリットがあります。

また、会報誌の発行や、パーティなどのイベント、セミナーなどを頻繁に開催しているのも結婚情報サービス型の特徴で、好みの相手と出会えるきっかけ作りの場を多数提供してくれます。

料金は結婚相談所ごとに異なりますが、年間で約30万円前後が主流となっています。

2.連盟・フランチャイズ型

結婚情報サービス型と比べると、多少規模が小さく、大規模な結婚相談所のフランチャイズに加盟しているような中堅タイプのところが大半を占めています。

サービス内容は「昔ながらの結婚相談所」の形態を保っており、相談員が会員の希望条件を聞き、その希望に合うと判断した相手を見つけてくるというシステムになっています。自分で相手を選ぶのではなく、まさに紹介してもらうという意味合いが強いのが特徴です。

実際に会ってデートするまでの段階がスムーズであるというメリットがありますが、相談員のスキルによるところも大きくなっています。

デメリット

デメリットとしては、自分で相手を選ぶわけではないので、もどかしい思いをするおそれがあることです。

連盟・フランチャイズ型は相談員の手腕が物を言うので、結婚相談所を選ぶ段階で相談員が腕利きかどうか、入念な下調べを行う必要があります。

料金は、入会金が5~10万円程度と比較的安価ですが、気に入った相手が見つかって結婚に至った場合、別途成婚料が発生する場合があります。

成婚料が無料というところもありますが、目安としては30万円前後が相場となっています。

3.インターネット型

近年、インターネットが幅広く普及する中、新たに出現したのがネット型の結婚相談所です。

厳密に言うと、結婚相談所というよりは、結婚を考えている人が自分をアピールする場となっています。

ネット上から登録するだけで、同様に登録した相手のプロフィールなどを検索することができ、交際の申し込みなどもすべてネット上から行います。

結婚相談所に通う必要がなく、自宅で簡単に相手を探せるという点と、費用がかなり安価である点が特長です。

具体的には、入会金に数千円~1万円程度がかかり、別途年会費がかかるところもあります。ただし、女性の場合は無料であるところが多い傾向にあります。

デメリット

手軽で安価であるのは大きなメリットですが、一方で、上記のような結婚相談所とは異なり、本人確認の有無が徹底されていないというデメリットがあります。

また、すべて自分でセッティングしなければならないので、いざ申し込もうと思っても躊躇してしまう人も多いようです。

インターネット型を選択する場合は、事前に口コミを調べるなど、サイトの評判を確認してから登録することをおすすめします。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 結婚情報サービスの比較ランキング All Rights Reserved.