写真とプロフィールが決めて

結婚情報サービスnavi

写真とプロフィールは結婚活動において欠かすことのできない必須アイテムです。

結婚情報サービスTOP > 写真とプロフィール

写真とプロフィールが命

結婚情報サービスでの活動において、まず行うのは相手探しです。サービス業者のオフィスや自宅PCなどでの検索、定期配布される会報誌の閲覧などが相手探しのメインとなりますが、これらにはすべて写真とプロフィールがつきます。

実際の人柄や雰囲気などは会ってみないとわかりませんが、写真から受ける印象やプロフィールに書かれた項目およびPR文などで、ある程度の人柄を判断することが可能です。

そのため、写真とプロフィールは、相手に「会ってみたい」と思わせるための最大の武器となりえるのですが、しょせん文面だけと思うせいか、写真もプロフィールも、さほど力を入れずに作成してしまう人が多いのです。

出会いのきっかけがなければ、結婚はもちろん、交際まで発展することはありません。

きっかけ作りは非常に重要なポイントであると認識し、自分が相手を探す際、プロフィールのどこに注目しているかをよく考えた上でしっかり作成することが大切です。

現に、私が担当していた会員でも、それまで相手からの申込が全くなくて悩んでいたところ、プロフィールと写真を変えただけで、見違えるように申込がくるようになったという例がいくつもありました。

写真は瞬時に判断される

検索結果や会報誌の紹介欄にて、まず真っ先に目がいくのは写真です。プロフィールにおいては、写真による判断がかなり大きな部分を占めることになるのです。

あなたが写真を見た時、興味を持つのはどんな写真でしょう。

ピンボケしていたり、素人が取ったと一目でわかるような写真ですか? それとも、鮮明で、その人の良さがはっきりと写っている写真ですか?

第一印象で目を惹きたいのなら、写真スタジオなどでプロに撮影してもらったり、結婚相談所のオプションにある写真撮影を活用するのが一番です。

男性は清潔感が何より!

写真を撮る際、特に男性の場合、服装や髪型に無頓着な人が多く見られます。伸び放題の髪や、だらしない格好に加え、暗い表情を浮かべていては、写真からも陰鬱さが漂ってしまいます。

髪は短めにカットし、服装はスーツやジャケットなど、フォーマル寄りなものをチョイスするようにしましょう。

何より、表情は明るめに、いやみにならない程度のさわやかな笑顔を心がけると好印象です。

女性は男性の清潔感にはとても敏感ですので、爽やかさ、清潔さをアピールするとよいでしょう。

女性は華やかさが大事!

女性の場合は地味な服装より、華のある明るい格好をイメージすると好印象です。

服装は写真映えのする白かパステルカラーをベースにすると、ぱっと見た時に明るい印象を与えることができます。

華やかと言っても、あまりゴテゴテと装飾したものは控え、アクセサリーも、ワンポイントアクセントとしてシンプルなものを選ぶとよいでしょう。

また、写真撮影というと、メイクを頑張りすぎる人がいますが、男性の多くはきついメイクを嫌う傾向にあります。

メイクはあくまでナチュラルに、過度に飾ることのないよう気をつける必要があります。

自己PRはシンプルにわかりやすく

プロフィールには、年齢や学歴、年収などを書く欄の他に、自分の特徴や人柄などをアピールする自己PR欄があります。

自己PR欄は、プロフィールを見た相手に、自分はこういう人間だということを知ってもらうための重要な項目です。

年齢や学歴を変えることはできませんが、PR文章は書き方によって相手に与える印象をがらりと変えることができます。

他の項目で不利だった場合でも、PRの仕方によっては相手の目に留まる可能性が高いので、手抜きせずにしっかり書くようにしましょう。

具体的な内容としては、趣味の話や休日の過ごし方、職場におけるキャラなど、読んだ相手があなたの人柄や価値観をイメージしやすいものにします。

私が実際に見てきたPRの中で、びっくりするほど多かったのが「よろしくお願いします」の一文だけだったり、あるいは趣味や仕事内容のことばかり長々と書き続けるケースです。

もちろん、ただ「趣味は釣りです」という一言よりも「趣味は釣りで、月に3回はドライブがてら釣りをしにいきます。この間も友人と一緒にバス釣りを楽しんできたばかりです」など、その情景が目に浮かぶような文章の方が、想像上のイメージが固まりやすく、リアルに感じられます。

しかし、延々と同じ項目について並べ立てるのでは逆効果です。この人にはこれしかないのか、と思われたり、人の話を聞かず、自分のことばかり延々しゃべるような人だと思われがちです。

PRは、自分の人柄や価値観を相手に具体的にイメージさせることを目的に、シンプルかつわかりやすく作成するのが最も有効なアピール方法であると言えるでしょう。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 結婚情報サービスの比較ランキング All Rights Reserved.