男性が女性に求めるもの

結婚情報サービスnavi

男性が女性に求めているものは、癒しや華やかさなどいろいろあります。

結婚情報サービスTOP > 男性が求めるもの

男性が女性に求めるもの

一般的に、男性は女性に比べ、結婚願望はさほど強くありません。

現代においては、結婚したら男性は女性を養うものという意識がまだまだ強く、さらに子供が生まれた場合、妻と子の人生に責任を持たなければならないというプレッシャーがかかってきます。

特に経済情勢が不安的な今日この頃、そのプレッシャーは一段と強いものになり、なかなか結婚に踏み切れないという人が多いのが現状です。

また、自由奔放な生き方を望む男性にとっては、お金や時間の自由がきかなくなることを嫌がる傾向にあります。

男性が、これらのプレッシャーや自由願望をはねのけても結婚したいと思うのは、家庭を持つことで「癒し」を得られると思ったときです。

仕事で疲れて帰ってきたときや、具合の悪いとき、そばにいて癒してくれる女性がいたら・・・と思ったとき、男性は強く結婚を意識するのです。

そのため、男性は女性に対し、癒しや安らぎなど、母性に近いものを求める傾向にあります。

女性としての華やかさを重視

男性が理想のパートナーに求めるもののひとつに「女性としての華やかさ」があります。

ここで言う華やかさとは「美女」という意味ではなく、内側からにじみでる美しさ、たとえば髪や肌の美しさ、笑顔の愛らしさなど、その場にいるだけで華やぐような雰囲気を持ち合わせた女性のことです。

女性特有の華やかさを前に、男性は自然と笑顔になるのです。

「家庭的」は今でも人気

社会の在り方が変化するにつれ、「家庭的な女性」という言葉は、女性の間では死語として扱われるようになってきました。

しかし、男性の間では未だに「家庭的」という項目はひとつの大きな魅力として深く根付いています。

家庭的な女性というのは、料理が得意、家事が上手などのほかに、家をやすらぎの場所に変えてくれるという意味合いも持ち合わせています。

男性は帰宅する際、仕事場から疲れやストレス、悩みなどを抱えて帰ってきます。

そんな時、それらすべてを包みこみ、疲れを癒してくれる優しさを持つ女性に、男性は憧れ、共にいたいと思うのです。

敬遠される女性

人の好みはそれぞれですが、一般論として、男性から敬遠されがちな女性の特徴というものが存在します。

中には偏見もありますが、女性として、というより一人の大人としてマナーがなっていなかったり、気配りができない女性は結婚対象外とされてしまうことが多いようです。

・30代未婚女性

世間では昔から「結婚適齢期」というボーダーラインが存在します。

現在は昔より晩婚傾向にあるので、多少ラインが上がってきていますが、それでも30代を超えると「適齢期を逃した女性」と見られる風潮が強い傾向にあります。

個人的には、結婚適齢期は各人ごとに異なり、水準などは存在しないと思います。

ただし、世間一般の認識としては、30代未婚の女性は我が強く、妥協を許さないため、結婚から遠ざかってしまったのだと思われがちです。

もちろんこれは偏見なのですが、先入観というものは人の心に深く根ざし、なかなか払拭されないものなのです。

しかし、逆に30代女性の魅力として、心の寛容さと、許容範囲の広さがあげられます。

まさに「大人の魅力」とも言うべきアピールポイントで、男性の中には、この魅力ゆえに30代女性を求める人も少なくありません。

・プライドを傷つける

「男のプライド」とはよく聞く言葉ですが、具体的には、これだけは傷つけてはいけないという領域を指す言葉だと認識されています。

たとえば、男性の仕事内容をけなしたり、年収を少ないと非難したりするのは、男性にとって非常に腹立たしく、プライドを傷つけられる言葉に他なりません。

男性にとって仕事は生活の基盤であり、自らのアイデンティティをあらわす重要な要素です。

無神経に批判する女性は、男性からの強い拒絶を受けることになるでしょう。

・マナーが悪い

これは男女ともに嫌われる要素ですが、特に女性の場合、デート代を支払ってもらったときにマナーの良し悪しがはっきりとわかれます。

たとえば食事に行き、会計する際は、たとえ男性から「自分が払うから」と言われることがわかっていても、自分も財布を取り出して払う意向を見せるのはマナーのひとつです。

「もちろん女性に払わせる気はないけど、会計の際に財布を出す素振りも見せない女性にはがっかりする」といった声は少なくありません。

また、払ってもらった後の「ごちそうさま」が言えない女性も意外と多く、男性からは毛嫌いされてしまいます。

・金銭感覚に疎い

浪費癖がある女性や、常日頃から外食が多い女性などは、結婚後、家計を任せるのに忍びないという理由で敬遠される傾向にあります。

同様の理由で、高額なものをねだったり、何かと言えばプレゼントを欲しがる女性もレッドゾーンとなります。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 結婚情報サービスの比較ランキング All Rights Reserved.